×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




11月6日(木)
こんにちは、雨津下ですよ。
今日はフォトショのラスタライズ中に更新ですよ。

先週はムサビ芸祭におじゃまして参りました。
愛する+ECO氏が展示ということでたいへん盛り上がった芸祭でしたよ。
+ECO氏の新作はとっても素敵な展示でしたね。
彼は意味不明な画材を使いますね、
いやあれは画材じゃないですね。
相変わらずやじー氏とは行き違いだったみたいですよ。
前回のデザフェスでもそうでしたね、片鱗を覗かせません。
なんというやじー氏。
なんというドリンク。

そして宣伝ですよ。
もうとっくに発売日は過ぎましたが、
飛鳥新社さまのSS15号で巻頭カラーイラストを描かせて頂きましたよ。
左上に雨津下と書いてあるのが、わたくしの絵でございますよお間違いなく。

それと9月にですね、某競輪場に壁画を描かせて頂いたんですよ。
えー新聞に載った他、某芸人さんといっしょにお仕事させて頂いたりしたんですよ。
皆さん某競輪場の方も、足を運んで壁画をご覧になると良いかもしれませんよ。

それでは雨津下でした。



9月22日(月)

こんにちは。
えー今月もいろいろありましたねー、
そしてこれからもですねいろいろやることが待ってますねー大変ですねー。
いつもの雨津下にはありえない状況ですね、きもちわるいね。

パソコンを買い替えました。
もーちゃんとしたパソコンですのでフォトショもすいすい動きます。
この通りインターネットもちゃんと繋がるようになりました。
これからは従来通り電脳にピコピコ浸透していこうと思います。
ドキドキするぜ。
でも相変わらずディスプレーはブラウン管なんすよねー。
デカイしかっこわるい。
けど色は良い。

ログをお掃除しましたー。
ログのページ作るのは初めてですね。
ほんとに歴史のないサイトだ。
あとやっぱり見にくいっすよね。
考えます。
それでは。



8月24日(日)

お久しぶりです。

えー先ずはちょっと前に描いた絵です。


それとこっちはおまけです。



壁画動画の新作です。

長い間更新止まってましたが生きてます。
しかしさすがに見に来る人減りましたねー。

良いんだよ。
良いんだよ。




6月3日(火)
daftpunkのaroud the worldのlivemixが聴きたくてヘッドホンを買いました。
毎日爆音で聴いてます。
これで元気に外へ出て行けるぞと思ったのですが余計引きこもるようになりました。
部屋の隅で座ってテクノ聴いてます。
そしていつか機械と一体化します。
そんでコンセントから充電するんだ…へへへヘヘ

会って話すとどうしてもポロポロ出ちゃうんだな。
個人情報がね・・・ヘヘヘヘヘ




4月7日(土)

こんにちはー部屋に初音ミクを描いてみましたよー。



動画もとってまして、初ニコニコしてみました。


コメントも貰えてうれしいうれしいです。



長期戦になることが予想されたのでとりあえずリポD買いに行ったのですが、隣にすんげえのが売ってたので一緒に購入。
「赤まむしドゥリンク」
飲んでみたら意外にスッキリした味で、リポDと大して変わりませんでした。(おいしいおいしい)
値段も400円と格安です。


ガスマス君かわいいです。


製作途中、缶やら瓶やらがきれいだったので撮りました。
やる気ドリンクは飲みつくしました。







3月15日(土)



本格的に絵の練習をしています。
意味分かんない。
何で大学入ってからこんな事してるんだろうちくしょう。

我が家のアリアスさんです。
木炭大の白象紙でいきます。

2時間。
調子で形を取ろうとするのは癖です。


4時間。
形を直しながら描いていきます。


6時間。
形を直しながら描いていきます。


8時間。
形を直しながら描いていきます。
飽きました。
ということで今日はここまでです。
あれ、ペンタブどこいった?




2月16日(土)
こんにちは。
今日も元気にひきこもってますうつしたです。

時代精神を体現するのが芸術家の義務だとした場合、芸術へのヒントは知の先端とその周辺にある。
だ、そうだ。
うん、ちょっとだけ納得できます。
まあ、芸術家は時代精神を体現しなくちゃいけないなんてそんな決まりはありませんけどね。

最近、アクリル絵の具によるフランドル技法を研究しています。
正確には擬似的なしかも第二フランドル技法です。
要は、白色地とテンペラ絵の具と油絵の具が、アクリル絵の具で手軽に再現出来ればよいのです。
手軽に、気軽に、アクリルだから高速に、ってのがミソです。
なんて言うかもうそこが研究の目的です。
テンペラとか油とか、用意すんの面倒くさいんです。

白色地はジェッソで良いでしょう。
はいもう、ひとつ課題解決しました。

次にテンペラと油絵の具なんですが、ここが問題です。
フランドルにおけるテンペラと油絵の具の特徴的な利点は、テンペラ絵の具は割と不透明で油絵の具の上だと表面張力を持つって所で、
油絵の具は透明で、画面上でぐいぐい伸びるんでコントロール自在って所です。
この2つを上手いこと組み合わせて描いていくのがフランドルです。
これをアクリル絵の具で再現したいのです。

アクリル絵の具の中にも、RGBYMCそれぞれに透明色と不透明色が揃っていて画材屋いけば売ってます。
しかし透明色と言っても微妙に隠蔽力があったり、不透明色と言っても微妙に透明だったり、
あんまりお店の表記と一致しないことが多いです。
要は顔料の屈折率が違うのです。
当然このままでは透明色といえどお水を加えただけでは油絵の具のような透明感のある質は得られません。
乾きも早く、全く伸びません。
そこで登場するのがメディウムなのですが、めちゃくちゃ種類が多くて、正直メーカーに踊らされています。
しかしうまく使い分ければ不透明色でも透明色同様に乗算描きすることが可能です。

多分ね。

とりあえず僕が試したメディウムだけ挙げたいと思います。
先ずジェルメディウムです。
これは基本っすね、絵の具の固着力を高めるもので、透明感と艶がでます。
ジェル状なので筆のタッチが残ってしまい、ここで艶があだとなり光の入射角によりみっともないスジ状反射を起こします。

次にグロスポリマーメディウム(リキテックス)、本来画面の保護ニスとしての商品ですがこれもほぼ同じです。
ジェルメディウムよりは柔らかいですが、筆跡がきびしいです。

グロスメディウム(ホルベインアクリラ)、これも保護ニスですが、ここまで来るとリキッド状です。
ただ上の二つも含め白く濁った乳濁液状なので、絵の具と混ぜたとき白かぶりが酷く作業時の色が分かりにくいです。
乾燥も早く、油絵の具の代用品と言うにはまだ課題が多い代物と言えます。

そこでリターディングメディウム(ホルベインアクリラ)ですが、これは単純に乾燥を遅らせる為の物です。
ちょーっとだけ乾燥は遅れますが、なんて言うか、存在の必要を感じません。
ただのローションです。
ジェル状で混ざりにくいですし、透明感も乾燥と共に失われます。
完全な透明で乾かないのでパレットに出しておいて薄め水の代わりに使うのが良いかもしれません。

ペインティングメディウム(リキテックス)は自称オールマイティに絵の具を薄めるメディウムです。
これは惜しいです。
水状でボトル入りで使い易いですが、白濁エマルジョンだし、言ってるほど伸び良くないです。
固着力が強くなって、透明感も残り、それが自然に艶の表現になるって点ではかなり惜しいです。

そこで今の所、僕が結論として挙げるのはグラデーションメディウム(リキテックス)です。
自称、薄塗り用遅乾剤です。
本来はシルクスクリーンに使って欲しかったようですが残念でした。
このグラデーションメディウムはこれまでに挙げたメディウム達の欠点を大体クリアしています。
ただ、混合量制限があり、僕は気にせず水の代わりに使ってますが、
これが時間と共にどのような変化を起こしてしまうのかはまだ謎です。
固着力を強める、とも表記されていないので、そのうち剥離とか亀裂とか起きるんじゃないかと思うと内心ビクビクもんですね。
でもとにかく使い易いんでおすすめです。

最後にスロードライジェルメディウム(リキテックス)を紹介します。
これは完全に画家の目眩ましとして開発されたとしか思えません。
名前も安直ですしメーカーの嫌がらせです。
これまで挙げたメディウム達の欠点を全て抱え込んじゃってます。
画家としてはアクリル絵画技法はまだ開発途上だから、新製品は買って使ってみるしかありません。
そこへこの安直なネーミングで送り出されたスロードライジェルメディウム。
馬鹿にしてらっしゃいますか。
使ってみてビックリ。
馬鹿にしておいでですね。

画家の目眩ましと言えば、リキテックスソフトタイプ、あれもレギュラータイプがあれば正直いらないですよね。
しかもレギュラータイプと、透明色と不透明色が顔料によって対応していないのです。
まあ何と言ってもアクリル絵画技法は開発途上、メーカーは品種を増やせばその分儲かりますからね。

と言うことで逸れましたが、要は不透明色にチタ白を混ぜるなりしてハイライト浮出をして、
その上からメディウム多めの透明色でグレーズすればよいのです。
ハイ、以上うつしたのお手軽フランドル技法でした。

顔料の詳しいことについては正直語りきれません。
それと違うメーカーの絵の具を混合して使うのはあまり良くないので、一番流通が多いリキテックスに絞って使っています。
今はゴールデンの絵の具が気になってます。
透明度が高いようです。
ぬQさんはターナーでしたね。
どうなんでしょうね。
いろいろ試してみたいですね。
今日は画像なくてごめんなさいね。
それではまた。




2月10日(日)
不透明色でグレーズしたら大変なことになったよ!
お久しぶりです。
ここのところ、特に良いことはないです。
姉が実家を出てルームシェア暮らしを始めたようです。
一ヶ月くらい経ってから姉が家に帰っていないことに気付いて、なんでじゃろと思っていたのですが、
二ヶ月後くらいに母が教えてくれました。
大学の実習?だかよう知らんですがちょいと離れた所に住んでるようです。
もちろん家族はみんな知っていました。
おかしいなー僕が毎日一番長く家に居るのに。

さて、大学が春休みに入りました。
授業が終わったのは分かるのですが、今度いつ始まるのかがなんだかぼんやりしていてよく分かりません。
とりあえず四月頃まではぼんやりしていようかなー、なんて思っております。
海外旅行とか、してみたいなーなんて思っております。
しませんけどね。



イラストを描きました。


更新してないのに見に来てくれてる方ありがとうございます。
それではまた。




12月23日(日)
ネット復活!
今日も落書きです。

山手美人図。
電車の中の花みたいな。

津田さんの個展見てきました。
で、銀座ついでにシンワアートミュージアムを覗いてきました。
んまーみんな上手すぎ!
良い展覧会でした。
フィラデルフィアとロボット展は閉場ギリギリでダメでした。
ダメでした。




12月12日(水)

きっと二人は恋におちるね。

ゆびさきミルクティーを読んだら興奮したので水面を描いた。

スキャンしたら色々潰れちゃいました。
残念。

最近のASIMOは空気を読めるらしい。
空気なんて読んだこと無いよ。
うつしたはASIMOに劣る。





12月9日(日)
またやっちまった。
落書き。
ファルネーゼ様とセルピコを描きました。
ペンで。



蜂蜜のど飴を舐めた後バンホーテンを飲むと豆乳の味がするよ。




12月3日(月)
一日中寝そべってゲームしてたら筋肉痛になりました。
もうだめだうつしただめだ。

たまーに漫画の線が恋しくなって落書きします。
良いストレス解消になります。
今日のは丸ペン。
この細さはGペンより描きやすく心地よいです。

特に学園モノ。
丸ペン字は書きづれえな・・・。




11月16日(金)
ソフトバレエの森賢にハマりかけたけどすぐ目が覚めました。
危なかった…。
フュ〜ウ。
本当に、あぶなかった。
そう、思いました。
おかげでちょっと風邪をひいた。
最近はテクノばっかり聴いています。
平沢進と電気グルーヴとsupercarが好きです。
Strobolightsとかピンポンの曲ですね。
懐かしい。

こんなのを描いてます。

ウェブコミのつもりです。
つづきは後ほど。

この間、ついに自転車がパンクしました。
天に召されました。
画鋲、ささってました。

自転車はいらない、ベヘリットがほしい。
本当言うと原付きが欲しい。



オマケ。

遠くを走る駿馬ちゃんです。




10月31日(水)
オッヒさしぶりですうつしたです。
ネタが無いですが生存報告で更新いたしましょう。
最近また油絵を描いてます。

これね。
イエローオーカーで地塗りしてるところです。



ハイ、
そろそろネタも尽きてきました。



まあ、今日はこんな所で。
それでは。
(適当すぎだバーロ)




9月26日(水)
Linkin Parkを聴きまくっております。
ご無沙汰です。
ちょいとログをお掃除しました。
すっきりさせました。



画面的構造画面。
油絵やってる人がこの色面構成見たらニヤッと思ったりするんでしょうかね。
今回はパスを使わなかったから手法的にはオーソドックスですが僕にとっては実験的な絵です。
あでもトレスはしてないです。
時事的にはカボチャでも描いといたほうが良かったっすか。

spirit of wonderのチャイナさんが可愛い。
鶴田謙二さんてまだ漫画描いてるんですか?
遅筆なのは知ってますが、for-get-me-notの続きが早く読みたいです。
よろしくお願いします。

面白い事を書こうと思ったんですが気付いたら難しい絵画論になっていたのでやっぱりやめました。
今度書きます。
エスプレッソ苦いです。
この間予備校のアトリエ祭みたいなのがあって6浪くらいの先輩がでかいピザの絵描いてて笑いました。
やっぱりリヒターやデュマスあたりのスタイルの現代アートへの影響力って強いんですね。
まあその先輩以前はエッシャーらへんの路線でやってたんですけどね。
そんで久しぶりに会ったのでめっちゃ盛り上がりました。
でやっぱり気付いたら難しい絵画論の話になってるんですよね。
でもかなり近いところまで僕と似た芸術論を練っていたみたいでうれしかったっす。
いつかまたそこんとこ話し合えたら良いっす。
あとコンセプトアートの河原温が・・・いやこのへんはサイトと関係無いのでやめます。
今度書きます。
エスプレッソ苦いです。
では。